プールウォーキングのはじめに

プール・ウォーキングを5日間しただけで1キロダイエット

「えっ、本当なの?こんなダイエット信じられない」そんな声が聞こえてきそうな気がします。しかし、5日経過した時点で私はプールでウォーキングすることが効果的であると確信しました。

さらに、その続きをお話をしましょう。
私は一か月でおよそ4kg減量することに成功しました。もっと、ゆっくりと体重を落とした方が身体には良いのでしょうが、一旦減った体重を元に戻す気にはなれません。

ダイエットするためには、やはり多少の努力が必要です。毎日とはいきませんでしたが、時間を見つけてはプールに通うように心がけました。

しかし、食事制限は何もしていません。これまで通りの食事を今でも続けています。食べたいものを我慢するダイエットは私には向いていません。あなただって、できれば美味しいものをいつでも食べたくはありませんか?50年以上生きてきて、今さら長生きのために好きなことを止める気にもなりません。

「プールで歩くだけ」と言っても、慣れるまでは多少ぎこちない歩き方にはなっていたことでしょう。これから紹介していきますが、水中歩行にはいろいろな方法があります。しかし、それも繰り返し続けていくうちにある程度は自然に身体が覚えてくれるので心配はいりません。

基本的にプールでウォーキングするだけですから、普通に地面の上を歩ける人は誰にでもチャンスはあると言っても良いでしょう。

「本当にプールで歩くだけで痩せるのか?」と疑問を感じた方はある意味で正解です。スリムになるためにはやはりコツが必要な部分があります。それはこれから少しずつ説明していきましょう。しかし、水の力は偉大です。歩きもせずにプールに入っているだけでも幾らかの効果はあるのです。

また、既に痩せている人やひどく太っている人が私と同じ方法で痩せられるのかは保証できるものではありません。しかし、「健康体」に近づいていくことは間違いないでしょう。

プールでウォーキングするよりも効率的な全身運動もあります。水泳がそのひとつです。しかし、私は泳げませんし、全身をあれほど激しく動かす運動は私には向いていなかったのです。

プールでウォーキングすることは意外に楽しい

スポンサード リンク



プールに入ったのは私にとって小学生以来のことでした。

水に入った瞬間に水温を体が感じる「キュキュ」とした緊張感も心地よいものでした。

温水プールの温度は気持ちの良い程度に保たれていますし、とりあえず歩き出してみると水流が身体を刺激する感触も気持ちの良いものです。

25メートルのプールを往復してみましたが、心臓が苦しくなったり呼吸が乱れることもありません。

「これで本当に効果的な運動になっているの?」というのが最初の感想でした。今さら、苦しいジョギングをする気にもなりません。

プールの中でウォーキングすることは有酸素運動だと説明されています。有酸素運動では普段よりも心拍数がある程度上がるようにする必要があると言います。

しかし、水中歩行で心拍数が上がることはこれまでほとんどありません。心拍数を測定することはありませんから確かなことは言えませんが、心拍数が上がった気がしません。

でも、実際に体重は減少傾向を示しているのですから間違いなく減量に効果はあるわけです。何とラクな運動であり気持ちの良いダイエット方法なのでしょう。

決まった曜日の決まった時間帯にプールに行けば、いつの間にかよく見る顔の人が見つかります。

別段、お友達になりたいわけではありませんが、「仲間」のような気がしてきて自然に挨拶位はするようになります。

ここから先は、プールで歩くことに必要な情報を私の体験を交えてご案内していきます。ダイエット方法は数多くありますから、多分あなたはどんな方法で痩せようかと悩んでいるのではないでしょうか。

もし、そうであれば「プールウォーキング」も選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。プールでウォーキングすることは楽しいということをあなたにも知ってもらいたいのです。

最終的な体重

こうしたプールを中心とした運動メニューのお陰で最終的に到達した体重をお知らせしておきましょう。およそ10か月の期間を経過して、19キログラムの減量に成功しました。

現在もこの体重を維持しており、56kg、BMIに換算すれば19程度になります。

25パーセントも体重を落とした効果はてきめんです。心臓にかかる負担がその分軽くなったわけで心疾患のリスクも低くなったと言えるでしょう。今年のメタボ健診では楽勝で通るでしょう。

当初の目的通りに食生活には何も手を入れていません。プールでのウォーキングを中心にした運動だけでこの結果を弾き出したわけです。

逆に冬場が近づいたらあと数キロ体重を増やさなければ寒さが堪えるかもしれません。

スポンサード リンク



このサイトをご覧いただいて、あなたも同じような運動メニューを日常生活に組み込めば同じような結果が出せる可能性はかなり高いのではないでしょうか。

現在は56kgの体重をキープすることを中心に運動しています。

どの程度の運動量でどのくらい減量できるかは経験的にもう身に付いていると言っても良いかと思います。

新たな課題としては、この体重を維持するためにどれだけ効率の高い運動を行って時間短縮するかという点だと考えています。

運動時間を減らすことが出来ればそれだけ他のことに目を向ける機会も増えていくことでしょう。

誰だってキツイ運動は最小限にしてラクに痩せたいと思うのは当たり前だと思います。私だって今以上にラクをして体重をキープしたいのです。

その意味では、プールウォーキングに固執するのではなく様々な運動を検討してみて良いと思われる方法ばかりではなく失敗談もこのサイトでご紹介していきたいと考えています。

プールには運動やスポーツに造詣の深いトレーナーの方がいるケースも少なくありません。そうした方々の支援やアドバイスを受けることで今の自分があるのは確かだと思います。

体重を減らす運動を続けていくことで体脂肪だけが減ることは理想かもしれません。しかし、どうしても筋肉も落ちてしまうことは否定できません。

この対策としては筋肉を増やす(というよりも元の状態を維持する)ための運動メニューも必要になってきます。これは何も筋肉モリモリの肉体を欲するものではありません。

トータルでバランスの取れた肉体を目指すことは本当の意味でのダイエットになるのではないでしょうか。

繰り返しになりますが、プールでウォーキングすることはダイエットに非常に有効な手段の一つであることは間違いありません。

数多くのダイエット方法の中でも努力さえ継続できれば間違いなく成功できる確率が高い方法だと思っています。無理なくダイナミックに肉体改造したのであればぜひ試してみていただきたい方法です。

それでは、お好みの記事から目を通してみてください。あなたの成功をお祈りしています。

スポンサード リンク



このページの先頭へ