5日目で1キロのダイエット成功!!

1キロのダイエットに5日目で到達しました。昨日よりも300g減少です。昨日は心配していましたが、これでプールで歩くことは効果があると言っても良いでしょう。

毎日1時間ずつコンスタントに歩いたのがこの結果を導き出してくれたような気がします。

上手く表現できませんが、満足感で一杯です。やはり、続けられるものが一番良いと言うことでしょうか。

たった1キロと言う人もいらっしゃるでしょうが、私にとっては貴重な勝利なのです。苦しまずにダイエットできると言うのはやはり最高の気分ですね。

しかし、本当の意味での勝負はこれからです。実際のところ、昔のスーツを再び身に着けられることができれば最高だからです。

そこまでたどり着くには、これまでと同様に体重のアップダウンはあるでしょうが頑張りたいと思っています。

水着について

さて、昨日ご紹介した水着には実は大きな問題があることを黙っていました。今日はそれを告白しておきましょう。

実は、この水着ですが内側は水捌けを良くする目的で(たぶん)メッシュになっています。このメッシュなのですが、どちらかと言えば硬いのです。

この水着の中なのですが、普段はビキニのインナーを履いて男性の大切な部分を守っていました。

しかし、昨日はそれを持っていくことを忘れてしまったのです。まあいいかと軽い気持ちでブカブカ水着を直で履いたのが失敗でした。

プールの中でのウォーキングの仕方はいろいろとあるのですが、太ももを高く上げるのは非常に効果的な方法だと言われています。

勘の良い方はもうお気づきでしょうが、これで「先端部分」をひどく傷めてしまいました。

スポンサード リンク

帰宅してからオロナイン軟膏を慌てて塗ったのですがかなりのダメージの大きさです。

途中で、何か痛いと感じた時点で中止していれば被害はもっと少なかったのでしょうが・・・・。

男性の皆さんは、水着の中で「ブツ」が動き回らないように必ず固定してくださいね。擦れてしまうと悲惨な状態になる可能性がありますよ。

三途の川

それから、今日は「三途の川を渡るトレーニング」をしている連中についてお話ししておきましょう。

公営のプールに通っているので、どうしても料金の安い高齢者が大勢いらっしゃるのですよ。はっきり言えば、これが邪魔なのです。

一生懸命歩いていてスローなのはその人なりに頑張っているので問題はありませんし応援もできます。

しかし、2,3人のグループになって「漂っている」連中にはどうにも我慢がなりません。

この方々は本当に三途の川の渡り方を練習しているのかもしれません。

横に二人になりセンターラインオーバーで向かい側から歩いてこられると気を使ってしまい大変疲れるものです。

どうせなら、早いところ三途の川を渡ってほしいところです。大抵は、昨日のプロ野球の結果とかフィッシングに行った結果をよく話しています。

二人組の場合には、一人目が後ろ歩きして後方の人と向かい合わせで話し込んでいます。

まっすぐに歩いてくれるのなら、それも良しとしましょう。けれども、話に夢中になって少しずつカーブしてくるのには本当に参ります。誰か助けて下さい。

これが女性のグループになるとはみ出す人は少なくなるのですが、たいていは誰かの悪口を言い合っています。夕べの晩御飯のメニューも多いかな。

スポンサード リンク



隣に集会場のような施設があるので、そちらで話し込んでくれると大いに助かるのですが・・・。

さもなければ、私のプール使用料も安くしてほしい。このどちらが実現すれば大変うれしいです。

皆さん体格がよろしいですよ。7割以上の人は私よりもダイエットが切実な問題だと思えるのですが・・・。

まあ、水に浸かっているだけでも痩せることは痩せるのですからコレモアリなのでしょうか。

サウナに入るとこういう人たちの割合はさらにアップすると耳にしました。

サウナならお互い動かないので問題もないのでしょうが、そっちにみんな行ってくれないかなあー。

泳ぎの得意な人も中にはいるようなのです。でも、そうなると向こうのレーンでは少しでも若い人を見つけては泳ぎ方の講習会を勝手に始めてしまいます。

水泳コースの人はそれなりに迷惑を被っているようです。

順調なダイエットの経過(6日目)

今のところ順調にダイエットが進んでいると言っても良いでしょう。昨日よりも400g減少で73。3kgです。

脂肪率も初日からみると0.7ポイント下がっていました。

この6日間で感じたことがあります。何となく肌が黒光りしてきました。特に腕と脚がそうなのです。

余分な脂肪が落ちてこうなってきたのなら言うことはありませんが、真相はわかりません。でも、明らかに違っているのです。

水に浸かっている時間が長いプールウォーキングですから、そのせいで肌も影響を受けているのかもしれません。

なんだか不思議。ミステリーですが、特に悪いことでもないでしょう。

水泳教室の講習会

今日は、プールの端のレーンを使って水泳教室の先生方の講習会が開かれていました。

皆さん教室の先生をやっているはずなのに、それでも覚えることがあるのですね。人間は一生勉強だという人もいますが、まさにそういった雰囲気でした。

スポンサード リンク



参加しているのは、全員が女性トレーナーだったのには驚きました。男性の姿が全く見られません。7人とも女性です。

女性の方が教えるのがうまいのでしょうか。教えるのがうまいのと泳ぐのがうまいのは実は違うことなのかもしれません。

定期券の購入

6日間続けることができたので、どうやらこのままプールでのウォーキングを長期間実行できそうです。

そこで、1か月の定期券を購入することにしました。かなり、割安になります。月に10日通えば元が取れます。

定期券には丸いシールが貼られていました。男女別なのか、老人と一般の区別なのか、プールオンリーとジムも使える券との識別なのかはわかりませんが。

この券があれば、午前と午後の2回プールに来ても費用は同じだと言うことに気づきました。

まあ、なかなか2回来るほどの時間を作るのは難しいことですが、土日には役に立つかもしれません。

曜日や時間帯によってプールウォーキングに使えるレーンも限られています。水泳などの教室が曜日ごとに開催されているからです。

タイミングを見計らって出かけないと失敗することがありそうです。

溺れることはない?

この6日間で、プールの中で滑ってしまい足を取られることは毎回ありました。でも、何とか体勢を元にもどすことが出来ていますので溺れることは無いようです。

水の力がバランスを保つのを助けてくれているのだと思います。滑っても転ばない。転んだ人も見かけたことがない。ありがたいことです。

監視員の人がいつも最低一人はついてくれています。万が一の時でも力になってくれそうです。

スポンサード リンク



監視員も何故か女性が多いですね。男性も少数ですがもちろんいて、例えば更衣室でトラブルが発生した時にはその方が駆けつけてくれるようです。

荷物は多い

プールに行くときにはさほど荷物が無いように思っている人も多いでしょうが、そうでもありません。

水分補給用のペットボトルとはシャンプー、リンスとか、もちろん水着、キャップ、バスタオル・・・。

水着やバスタオルは帰りにはたっぷりと水を吸っていますから重くなっています。帰り道は疲れていますから一層その重さが感じられます。バッグはほぼパンパンの状態です。

出かける前は、帰りに寄り道しようと考えていてもいざその時になると面倒くさくなって真っ直ぐに帰宅することになります。

プールウォーキングの面白さ

他の有酸素運動、例えばジョギング、ウォーキング、サイクリングといったものはどれも室外で行うことが多いでしょう。

この場合は、「景色が変わる」という楽しみがあるのかもしれません。

でも、プールでウォーキングする場合には単純に25メートルの往復なので面白味がなさそうだと思っている人も多いでしょう。

しかし、プールウォーキングにはそれなりの楽しみ方があります。それは、歩き方を毎回変えるということです。

今すぐ思い浮かべることができる歩き方だけでも30通り以上あるかもしれません。

同じ歩き方でも手のひらを進行方向に対して平行にするか垂直にするかだけでも水の抵抗は大きく違います。

したがって、歩き方も違ってくるものです。コースの終わりが近づいてきたときには、「次はこう歩こう」とイメージするのは面白さとも言えるでしょう。

やってみる価値があるのは、プールでのウォーキングです。

こちらの記事もどうぞ!

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ